改善可能の生理前症候群【リラックスライフ改善術】

笑顔

PMSの対処方法

PMSを治す方法

寝る

生理が始まる1〜2週間位前から、これといった理由もなく周囲の人に当たり散らしたり、涙もろくなってしまったりする人がいます。これは、ホルモンバランスの変化が原因で起こる生理前症候群、別名PMSの症状の一種です。人によって生理前症候群の症状の出方や種類には差がありますが、生理がある女性の9割が何らかの不快な症状を感じていると言われています。中には、普通に生活することができないほど重い症状で悩んでいる人もいるのですが、生理が始まると同時に必ず治ってしまう一過性の症状であるため、いくら辛い症状を抱えていたとしても、なかなか周囲の理解を得にくいという難点があります。しかし、生理前症候群で悩んでいる本人にとっては大きなストレスになりうる症状ですので、症状を軽減する工夫をした方がよいです。婦人科や心療内科等を受診して生理前症候群の症状に合った薬を処方してもらうというのも1つの方法ですが、食生活を改善したり軽い運動を行ったりすることで、辛い症状を緩和させることができます。

病院の利用

とある機関が実施したアンケートによると、一番多くの人が辛いと感じている生理前症候群の症状は、イライラ感です。その次に、乳房のハリや痛み、頭痛、肩コリなどの症状が続きます。一般的に、タバコやアルコールの摂取量が多い女性は生理前症候群の症状が重くなりやすいと言われています。ですので、まずそのような嗜好品の摂取を絶つようにするのが望ましいです。そして、栄養バランスの良い食事を心がけ、ストレスを溜め込まないようにすると、生理前症候群の症状が軽くなります。しかし、生活習慣の改善は、一見簡単そうに見えて、とても難しいのが実情です。無理に健康的な生活に変えようと頑張りすぎることによって余計なストレスがかかってしまい、症状が逆に悪化してしまうような人もいます。そのため、無理をせずに最初から医療機関を受診して薬の助けを借りるという方法を選ぶ人が少なくありません。素人判断で市販薬を適当に服用するのはよくありませんが、医師の指導の下で薬を服用している限り、安全かつ確実に生理前症候群の症状を緩和することができます。最近は良い薬がたくさん出されていますので、今後は病院を利用する人が増えるのではないかと考えられています。

Copyright©2015 改善可能の生理前症候群【リラックスライフ改善術】 All Rights Reserved.