改善可能の生理前症候群【リラックスライフ改善術】

笑顔

生理前の不快症状

生理前の体の変化

困る

生理前になると、意味もなくイライラしたり、頭痛や腰痛、胸の痛みなどを感じるようになる人がたくさんいます。これは生理前症候群と呼ばれる症状なのですが、生理前に女性ホルモンのバランスが急激に変動することによって引き起こされる症状です。生理が終わってから排卵期までの間は、黄体ホルモンよりも卵胞ホルモンの分泌量の方が多い状態が続きます。しかし排卵期を境にしてこのホルモンバランスが逆転します。簡単に言うと、体を妊娠を継続しやすい状態に変えるために、黄体ホルモンの分泌量が増加します。ただし、黄体ホルモンの分泌量が増えると体のあちこちに余分な水分が溜まりやすくなり、むくみや頭痛が起こってきます。また、脳内のセロトニンという物質の量が減ってしまうため、うつ病のような症状が起こってくる人もいます。生理前の1〜2週間に起こるこの症状を生理前症候群と呼ぶのですが、日常生活の様々な面で支障が出るため、悩んでいる女性が少なくありません。ですが、薬の服用や生活習慣の改善などで、生理前症候群の症状を軽減することができます。

服薬による対処

生理前症候群の症状は、人それぞれ皆異なっています。具体的に言うと、むくみや肌荒れ、頭痛、腰痛、情緒不安定、倦怠感、不眠、吐き気、下痢などの症状をあげることができます。出現する症状の種類や程度には個人差がありますので、寝込んでしまうような人もいれば、普段と全く変わりなく過ごすことができる人もいます。生理が始まってしまえば自然に治ってしまう症状であるため、じっと我慢し続けている人が多いですが、日常生活を送る上で何かと不都合を感じている人は、医療機関を受診して、薬を出してもらうようにした方がよいです。生理前症候群の診療科というと婦人科を思い浮かべる人が多いですが、婦人科以外でも生理前症候群の診療を行っている科があります。それは、心療内科です。生理前症候群の症状として、強い倦怠感やうつ状態、不眠などの症状が出てしまう人がいます。そのような人が心療内科を受診すると、精神安定剤や睡眠導入剤などを出してもらうことができます。症状に合った薬を服用することで、生理前の期間を快適に過ごせるようになるため、多くの人が医療機関を利用しています。

Copyright©2015 改善可能の生理前症候群【リラックスライフ改善術】 All Rights Reserved.